目の天敵「目の下くま」の原因と対処法

2014年12月15日

目の下くまの原因

人と話すときは目を見ますよね。その時その人の目の周りにくっきりと黒いクマが。動物のクマではありません。あなたはどう思うでしょうか。印象としては疲れている、老けて見えるなど決してプラスのイメージではないでしょう。目の下の皮はとても薄く血液の状態が透けて見えることが目の下くまの原因です。血液は筋肉の収縮が正しく行われることで循環します。目の下が黒く見えてしまうのは筋肉があまり動いておらず悪い血が溜まっている証拠と言えます。

くまも進行していく

目の下くまにも種類があり、目の下が青く見える青くま、茶くま、黒くまです。後者になるほど症状はひどいと言えます。血液が鬱血して青く見える青くまを放置していると血液中の赤血球が細胞内に流れ出し壊れ、目の下の色が茶色に見えます。さらに進行して濃く蓄積すると黒くまになり、皮膚に色素が沈着してしまいます。

くまは体の危険サイン?

目のたるみや瞼が下がる、目の周りのシワなども目の周りの筋肉の衰えが原因です。出来るだけ顔の筋肉を動かすようにしましょう。使わなければ筋肉も退化してしまいます。寝不足もくまの原因になります。十分な睡眠をとり、適度な運動をして血液を体にめぐらせるようにしましょう。

← Previous Page